私の母は、どこか一本ねじが飛んでいるような気がします。

私が結婚して実家から離れることになって、つくづく、「私の母って、どこか一本ねじが飛んでいるような気がする……」と感じるのは、私が旦那と喧嘩したり、旦那にストレスを感じてどうしようもなくなっている時です。他に愚痴る相手もいないので、母に電話したり、LINEで話を聞いてもらったりするのですが、どこか、トンチンカンな方向に言葉を受け取っているようで、トンチンカンな答えしか返って来ないのです。初めは、私が落ち込んだり取り乱したりしている時に母に話すから、私の話の要領が悪いのだと思っていました。確かに、私の話が原因の時もありますが、それだけではありませんでした。母が私の話の内容を勝手にゆがめて受け取って、さらに母の頭の中で勝手なストーリーを作り上げ、作ったストーリーに対する返事を、現実の私に返してくるから、トンチンカンな答えしか返って来ないのだ、ということが分かりました。昨夜、また旦那とけんかして、とてもイライラしていたので、LINEで母に愚痴をこぼしていたのですが、「あんたのお父さんもそういうところあるよ」と言われました。「そこが問題ではないの!」と、旦那とけんかしてイライラしていたのが二乗になり、母にもイライラしたので、既読スルーしてしまいました。両親は、父の退職後に転居したので、周りに友達のいないところで生活しているからか、両親の会話も少なく、段々と会話能力自体が下がって来ているように感じます。私も、友達も誰もいないところに嫁いで来たので、立場は同じかなと思っていたのですが、本当に母との一本ねじが飛んでいるような会話は、タイミングによってはすごく疲れます。デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

いったい、いつ曲がるのですか!

やっと仕事が終わり、疲れたなぁと思いながら自家用車を運転していた帰宅時間に会ってしまったのです。枯葉マークから名称が変わって四つ葉マークをつけた新車の軽四。
長い赤信号が青に変わり、右折。右折するとすぐに直進レーンと右折レーンがあるのですが、ノロノロと右折レーンの方に進んで行きます。
「右折するのかしら?」と思いきやフラフラッと直進レーンへくるではありませんか。この時すでに危険な予感が満載です。
二つ目の信号が青に変わった瞬間、直進レーンにいるにもかかわらず右ウィンカーが点滅し始めました。
「どうするの?どうするの?今から右折するの?」いえいえ超低速走行で真っ直ぐ進み始めました。
「ウィンカーを出し間違えたのね。」そう考えながらもややイライラし始めました。
ものすごく超低速走行なのです。法定速度にとうてい達していません。ゆっくり過ぎるスピード違反で捕まえて欲しい。自転車よりも絶対に遅い。ジョギングしている人にも追い越されそうな勢いです。中央ラインに寄るでもなくゆっくりゆっくり右ウィンカーを点滅させながら進む軽四。
交差点を抜け通勤帰りの交通量の多い時間にゆっくりゆっくり進むのです。右折しそうなところを通り過ぎる軽四。
右折するのか、しないのか、もう分かりません。
「曲がるの?曲がらないの?どっちなの!!!」イライラしながらも車間距離を取り、後ろに渋滞を造りながらついて行きます。
しばらく右折出来そうな所はありません。「ウィンカーを出しているのが分からないのかしら」そう諦めかけたその時。
突然四つ葉マークの軽四が道路の真ん中で止まったのです。
「いったいどうやって右折する気なのか???」
中央ラインに寄ろうともせず居酒屋の駐車場へ入ろうとしています。
イライラはピーク。まさに絶頂です。
せめて中央ラインに寄らんか!車で居酒屋に行くんじゃない!ウィンカーは直前に出してくれ!たくさんのイライラを頂きました。酵素ドリンクを飲み始めました!