私の母は、どこか一本ねじが飛んでいるような気がします。

私が結婚して実家から離れることになって、つくづく、「私の母って、どこか一本ねじが飛んでいるような気がする……」と感じるのは、私が旦那と喧嘩したり、旦那にストレスを感じてどうしようもなくなっている時です。他に愚痴る相手もいないので、母に電話したり、LINEで話を聞いてもらったりするのですが、どこか、トンチンカンな方向に言葉を受け取っているようで、トンチンカンな答えしか返って来ないのです。初めは、私が落ち込んだり取り乱したりしている時に母に話すから、私の話の要領が悪いのだと思っていました。確かに、私の話が原因の時もありますが、それだけではありませんでした。母が私の話の内容を勝手にゆがめて受け取って、さらに母の頭の中で勝手なストーリーを作り上げ、作ったストーリーに対する返事を、現実の私に返してくるから、トンチンカンな答えしか返って来ないのだ、ということが分かりました。昨夜、また旦那とけんかして、とてもイライラしていたので、LINEで母に愚痴をこぼしていたのですが、「あんたのお父さんもそういうところあるよ」と言われました。「そこが問題ではないの!」と、旦那とけんかしてイライラしていたのが二乗になり、母にもイライラしたので、既読スルーしてしまいました。両親は、父の退職後に転居したので、周りに友達のいないところで生活しているからか、両親の会話も少なく、段々と会話能力自体が下がって来ているように感じます。私も、友達も誰もいないところに嫁いで来たので、立場は同じかなと思っていたのですが、本当に母との一本ねじが飛んでいるような会話は、タイミングによってはすごく疲れます。デパスの代わりとなるオススメは?副作用と依存性は?

いったい、いつ曲がるのですか!

やっと仕事が終わり、疲れたなぁと思いながら自家用車を運転していた帰宅時間に会ってしまったのです。枯葉マークから名称が変わって四つ葉マークをつけた新車の軽四。
長い赤信号が青に変わり、右折。右折するとすぐに直進レーンと右折レーンがあるのですが、ノロノロと右折レーンの方に進んで行きます。
「右折するのかしら?」と思いきやフラフラッと直進レーンへくるではありませんか。この時すでに危険な予感が満載です。
二つ目の信号が青に変わった瞬間、直進レーンにいるにもかかわらず右ウィンカーが点滅し始めました。
「どうするの?どうするの?今から右折するの?」いえいえ超低速走行で真っ直ぐ進み始めました。
「ウィンカーを出し間違えたのね。」そう考えながらもややイライラし始めました。
ものすごく超低速走行なのです。法定速度にとうてい達していません。ゆっくり過ぎるスピード違反で捕まえて欲しい。自転車よりも絶対に遅い。ジョギングしている人にも追い越されそうな勢いです。中央ラインに寄るでもなくゆっくりゆっくり右ウィンカーを点滅させながら進む軽四。
交差点を抜け通勤帰りの交通量の多い時間にゆっくりゆっくり進むのです。右折しそうなところを通り過ぎる軽四。
右折するのか、しないのか、もう分かりません。
「曲がるの?曲がらないの?どっちなの!!!」イライラしながらも車間距離を取り、後ろに渋滞を造りながらついて行きます。
しばらく右折出来そうな所はありません。「ウィンカーを出しているのが分からないのかしら」そう諦めかけたその時。
突然四つ葉マークの軽四が道路の真ん中で止まったのです。
「いったいどうやって右折する気なのか???」
中央ラインに寄ろうともせず居酒屋の駐車場へ入ろうとしています。
イライラはピーク。まさに絶頂です。
せめて中央ラインに寄らんか!車で居酒屋に行くんじゃない!ウィンカーは直前に出してくれ!たくさんのイライラを頂きました。酵素ドリンクを飲み始めました!

風邪とインフルエンザと予防について

今年になってから2回も風邪をひいています。今も治りかけなんですがやっぱりマスクは大事だと思います。後は手洗いとうがいは大事です。
インフルエンザ予防については予防接種とこれからの時期にはマスクが必要だと思います。でも気をつけても風邪やインフルエンザはなる人はなりますね。
でも最低限のことはしないとウイルスに感染するとは確信しています。後は風邪ひいたときは免疫力は落ちるので煙草は控えたほうが良いと思います。
風邪なんか弾かないですという人いますが人間なんだからどこからか菌を貰うことはあると思います。知り合いに聞きましたけど例えば僕が風邪をひいて
治りかけの時は周りがうつらないとは聞いていますがなってすぐの時はうつりやすいと思います。やっぱり風というのは予防がだいじなんで
常にマスクをつけなければだめだと思います。風邪をひいて病院に行って薬を貰うのですが治るまでは1週間くらいはかかると思います。
今年はやっぱり去年と同様暖冬だと思います。夏が過ぎて秋がやってきても寒暖の差が激しいので今年もインフルエンザ流行るとは思います。
ワクチンが今まで以上にあるとはわかりませんが一回打っておくといいので2回打たなくても大丈夫だと思います。
僕が思うには電車とかバスでせき込んでいる人いますがやっぱりマスクしておかないとうつる可能性は大だと思います。
人混みの中は特に気をつけなければいけないと思います。外でも人混みだとマスクをしないと感染する可能性はあると思います。セブンデイズカラースムージーの口コミが知りたい。

出来たての料理しか食べない旦那とお義父さんにイラ!っとします!

私は、毎日毎日、旦那とお義父さんにイライラしています。
来る日も来る日も、イライラしています。
何故ならば、旦那とお義父さんが、出来たての料理しか口にしないからです。

まず、お米に関してです。
お米は、炊きたてのほかほかしたお米しか、食べません。
炊きたてのお米を冷凍して、冷凍したものを電子レンジで温めて、あっつあつ!のほかほかにしても、食べることはありません。
何故ならば、その日に炊いたお米ではないからです。どれだけ温めても、冷めたお米だと捉えられます。

冷えたお米は、女・子どもが食べるもの。当日に炊いた、炊きたてのお米は男が食べるもの。
こちらの言葉を、何度聞いたか分りません。聞きすぎて飽きましたし、覚えてしまいました。

お味噌汁も、同様です。
当日に作った、新しいお味噌汁は口に入れてやっても良いけれど、昨日作ったお味噌汁なんぞ、女・子どもが食べろ。
昨日のお味噌汁の残りと新しく作ったお味噌汁を、合わせることすら許されません。
気がつかない所で合わせていれば、味など全く分らないので、気づきませんが!

おかずの、主菜・副菜に関しても、同様です。
昨日のおかずは、女・子どもが食べるもの。今日、作ったおかずは、男が食べるもの。
電子レンジで温めようが、お鍋で火を通して温めようが、何をしても食べることはありません。
残ったおかずやお味噌汁を、捨てるなんて、もってのほか!!!
食費は増しますし、食材に失礼ですし、まだ食べられるのです。美味しいんです。
れっきとした、お米・腕物・おかずです。

ただ、どうしようもないので諦めてはいますが、手間がかかります。
本来ならば、作らなくてよい分の、腕物とおかずをこしらえて。
すべて出来たてのものを、旦那とお義父さんに与えて、残ったおかずを私たちが食べるのです。
馬鹿馬鹿しいったらありません。イライラして仕方が無いです。ドモホルンリンクルを体験してみました!

私が実践している風邪予防対策

日に日に冬が近づいていると実感できるころになると、気になるのが、今年は風邪を引かずに冬を越せるだろうか、元気に春を迎えられるかと言うことです。年末に近づくにつれ予定はどんどん増えてきて、責任も結果も重くなるので、毎年辛い思いをしております。社会人になって10数年、長年にわたり、この冬を元気に乗り越えようと、自分の中で試行錯誤してきました。いままで積み上げてきた私の実践している風邪予防対策について以下記します。
まず第一に、身体を冷やさないと言うことです。平熱を今より少し上げるだけで、体の免疫力が上がり、風は引かなくなりますし、元気になります。
女性は、お腹周りと3つの首、いわゆる首、手首、足首を外気から守る服装を心がけましょう。そして、暑くても、なるべく温かい飲み物、常温の飲み物を摂取するように心がけています。
そして、第2に、3食バランスよく食べると言うことです。きちんと食事をし、固形物を摂取することで、内臓が消化のために動くので、それにより熱が作られ、体温が上昇します。結果として体の中から熱を作り出すことが出来ます。
第3に、手洗いを徹底することです。外出先では、どうしてもおろそかになりがちですが、流水で60秒流すだけでも菌は落ちますので、時間をかけて手を洗い流すことをオススメします。
最後に、睡眠を十分にとることです。いわゆるゴールデンタイムの22時から2時までの間に深く眠れるように行動することが重要になると考えます。マッチブックの口コミが気になりました。